私は新禁煙ファイターと申します。(ベタな名前ですいません。笑)

私は禁煙を数えきれないほど失敗してきました。

成功するのに20年もかかってしまいました。

最近調べたいことがあって禁煙関係のサイトを見ておりましたところ、私は思いました。

この方法では成功率は低いだろうと。

サイトのなかにはどこかの本を丸写したようなものや、本当にこの人この方法で成功できたのだろうか?等々数多くの失敗を重ねてきた私には物足りなかったのです。

もちろん、なるほどそういうやり方もあるのか、そういう理由があったのかと教えてもらうことのできる優良サイトもありました。

サイトを見ているうちに、自分の経験をみなさんに是非見て、実行していただきたいと思うようになりこのブログを立ち上げました。

私の20年の失敗を参考にしていただきたいと思います。もちろんその間いろいろな本を買って勉強しましたし、何十人という成功者の方法も聞き、試しました。そのことを包み隠さずこのサイトで紹介していきたと思います。

そして、是非、禁煙に成功していただきたいと思います。

尚、当サイトに関係することで、いかなる損害損失の責任を負うことはできませんのでご了承ください。

禁煙方法 ステップ5禁煙スタートその前に


禁煙時期も決まりいよいよ禁煙スタートですね。

スタート月まで、時間を有効活用しましょう。

あなたの吸っているたばこの銘柄は何ですか?私が禁煙した頃と比べると、外国の物も含めて種類が多くなっていると思います。

今までと同じ銘柄で、タール、ニコチンの少ないものにチェンジしましょう。

もし、同じ銘柄でその様な物がなかったら、違う銘柄におもいきってかえてください。

私の経験や禁煙にトライした人の経験からするとタバコ依存度が高い人ほど、チェンジにあまり抵抗がないです。

なぜか?これは私新禁煙ファイターの勝手な想像です。分かり易い言い方をすれば、タバコ依存度が高い人はタバコから煙がでていれば何でも良いと・・・(笑)。

タバコ依存度が低い人は、まだタバコの香りや味を楽しむ感覚が強い為、銘柄を変えるのは強い抵抗がある。アルコール依存症とよく似ていると思われます。

そして銘柄を変えることが出来たら、(どうしても変えられない人はそのままでいいです。無理をする必要は全くありません。)、タール、ニコチンの含有量がさらに低い銘柄に変えて行きます。

そして最後に、タール、ニコチン含有量が、最も低い(0.1)銘柄にするのが理想です。

これは無理する必要はありません。

ここで問題なのは、タール、ニコチンの含有量を落とした分タバコを吸う本数が増えないかってことです。
これは増えます。

しかし、例えばニコチンが半分の銘柄に変えたら吸う本数が40本だったものが80本にはなりません。

初めのうちは2.3割り多くなるかもしれませんが、1.2週間でほぼもとの本数に戻ります。
ここでの目的は二つあって禁煙スタート時にニコチンが体内から失われるときの禁断症状を柔らげる事。

もう一つは今までの習慣を少し変えるという事で本番の予行練習にする。

ステップ5禁煙スタートその前に@のポイント

タバコの銘柄をタール、ニコチンの含有量の低い物に変える。無理をする必要はない。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33550005
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


記事一覧禁煙方法

ステップ1禁煙はなぜむずかしいの?


ステップ2 禁煙するなら絶対してはならない事その1

ステップ2 禁煙するなら絶対してはならない事その2

ステップ3喫煙分析その1

ステップ3喫煙分析その2

ステップ4禁煙する時期を決める

ステップ5禁煙スタートその前に

禁煙のメリット 

禁煙のデメリット
ブックマーク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。