私は新禁煙ファイターと申します。(ベタな名前ですいません。笑)

私は禁煙を数えきれないほど失敗してきました。

成功するのに20年もかかってしまいました。

最近調べたいことがあって禁煙関係のサイトを見ておりましたところ、私は思いました。

この方法では成功率は低いだろうと。

サイトのなかにはどこかの本を丸写したようなものや、本当にこの人この方法で成功できたのだろうか?等々数多くの失敗を重ねてきた私には物足りなかったのです。

もちろん、なるほどそういうやり方もあるのか、そういう理由があったのかと教えてもらうことのできる優良サイトもありました。

サイトを見ているうちに、自分の経験をみなさんに是非見て、実行していただきたいと思うようになりこのブログを立ち上げました。

私の20年の失敗を参考にしていただきたいと思います。もちろんその間いろいろな本を買って勉強しましたし、何十人という成功者の方法も聞き、試しました。そのことを包み隠さずこのサイトで紹介していきたと思います。

そして、是非、禁煙に成功していただきたいと思います。

尚、当サイトに関係することで、いかなる損害損失の責任を負うことはできませんのでご了承ください。

禁煙方法 ステップ1 


 なぜ禁煙はむずかしいのでしょう?

ある関係本によると『禁煙は簡単です。』と何度もかいてありました。そのように信じさせるためにしつこくかいたのでしょう。

現実をみてみると、ちまたに禁煙本が数多く出回り、サイトも数百サイトあります。そして世の中禁煙席だらけ。

それでも尚、禁煙出来ない人が何十万、何百万人いると言う現実。
まず次のことを頭にいれてください。禁煙を成功させるには、病気と戦うということを覚悟することからはじまる。病名はたばこ依存症です。

こういうと『病気?そんなことはどうでもいいよ、方法論が大事だよ』こんな声が聞こえてきそうです。

でも、聞いてください。ここが禁煙するための大きなポイントなんです。

喫煙しているほとんどのかたは、病気です・・・。

ここの理解と決意がないから何度失敗するんです。それさえできればそんなにむずかしくありません。

それでも『禁煙に成功した俺の知人はそんなことしてないぞ。』こうおっしゃる方がいると思います。

確率の問題です。私の知人にも、何もせず我慢しただけで成功した人がいますが、全体の何割の人がそれで禁煙できるでしょうか?

それと、個人個人のタバコ依存度の違いも考えなければいけません。極端な例ですがタバコを吸い始めて一日目なら我慢するだけで禁煙できますよね。

まず自分が病気だとすると、精神力で治そうとするでしょうか?普通の人なら、薬をのんだり、お医者さんにいくのではないでしょうか?

あるサイトでは『その一本を吸わないように我慢しましょう。』と書いてありました。思わず笑ってしまいました。それが出来ないから喫煙者のかたは苦労しているんですよね。

病気を治すのに精神力の弱い、強いはまったく関係ありません。また、過去失敗した人で『わたしは、意志が弱くダメだった。』と思っているのなら、それは違いますとはっきりいえます。

ステップ1のポイント

@喫煙者はタバコ依存症という病気であるという自覚をもつこと。

Aまたその病気と戦うという決意をすること。

B禁煙の成功は精神力の強弱と関係ないと知ること。


禁煙方法 ステップ5禁煙スタートその前に


禁煙時期も決まりいよいよ禁煙スタートですね。

スタート月まで、時間を有効活用しましょう。

あなたの吸っているたばこの銘柄は何ですか?私が禁煙した頃と比べると、外国の物も含めて種類が多くなっていると思います。

今までと同じ銘柄で、タール、ニコチンの少ないものにチェンジしましょう。

もし、同じ銘柄でその様な物がなかったら、違う銘柄におもいきってかえてください。

私の経験や禁煙にトライした人の経験からするとタバコ依存度が高い人ほど、チェンジにあまり抵抗がないです。

なぜか?これは私新禁煙ファイターの勝手な想像です。分かり易い言い方をすれば、タバコ依存度が高い人はタバコから煙がでていれば何でも良いと・・・(笑)。

タバコ依存度が低い人は、まだタバコの香りや味を楽しむ感覚が強い為、銘柄を変えるのは強い抵抗がある。アルコール依存症とよく似ていると思われます。

そして銘柄を変えることが出来たら、(どうしても変えられない人はそのままでいいです。無理をする必要は全くありません。)、タール、ニコチンの含有量がさらに低い銘柄に変えて行きます。

そして最後に、タール、ニコチン含有量が、最も低い(0.1)銘柄にするのが理想です。

これは無理する必要はありません。

ここで問題なのは、タール、ニコチンの含有量を落とした分タバコを吸う本数が増えないかってことです。
これは増えます。

しかし、例えばニコチンが半分の銘柄に変えたら吸う本数が40本だったものが80本にはなりません。

初めのうちは2.3割り多くなるかもしれませんが、1.2週間でほぼもとの本数に戻ります。
ここでの目的は二つあって禁煙スタート時にニコチンが体内から失われるときの禁断症状を柔らげる事。

もう一つは今までの習慣を少し変えるという事で本番の予行練習にする。

ステップ5禁煙スタートその前に@のポイント

タバコの銘柄をタール、ニコチンの含有量の低い物に変える。無理をする必要はない。

禁煙方法 ステップ4 禁煙する時期を決める


さあ、禁煙する為の前半の山場です。

今まで、禁煙に失敗した人はここで間違いをしている人が多いのではないでしょうか。禁煙の時期を間違えているかもしくは、考えていないか、どっちかが多いのです。

まず何月から禁煙するか決めましょう。

ステップ3禁煙分析でかいてもらったストレスを感じる月をみてみましょう。

その月からの禁煙スタートは避けてください。ストレスを感じる→喫煙する、という図式が出来上がっています。

できれば禁煙して三ヶ月はストレスを感じる月は避けるのが理想です。

もう一つ避けなければいけないのが宴会です。酒は出るわ、隣の人はタバコをぷかぷかと吸っているわで、禁煙できる環境ではありません。どうしても出席しなければならないのであれば、その月は避けてください。(仕事の都合上毎月接待がある方などは、病気になったつもりで、なんとか禁煙スタート月はさけてください。)

次に何曜日から禁煙をスタートするか決めます。決め方は月の決め方と一緒です。

会社員の方で土、日が休みの人は、ストレスが少ない家にいる時、土曜日から始めるとか、いやいや、家にいると奥さんの顔を見るとストレスが溜まるって人(笑)は月曜日からとか。

よく考えて決めてくださいね。

次は禁煙をスタートする時間、場面ですね。

何時から禁煙するか?どんな場面から禁煙するのか?悩みますね。基本的には、禁煙分析で書いてもらった時間、場面を避けて決めてもらえばいいです。

ここで、私、新禁煙ファイターの提案なんですが、睡眠前からのスタートでどうでしょうか?というのが、禁煙を始めて、寝て起きたら○時間の禁煙成功ですよね。滑り出しとしては上々でしょう?私はこの時間帯から禁煙を始めて成功したんです。

尚この禁煙する時期を決めるステップの中で曜日と時間は禁煙する月が迫って来てから決めてもいいです。くどいようですが大事なステップですので、よく考えてください。

ステップ4禁煙する時期を決めるポイント
○ストレスの少ない時期を禁煙スタートにする。
タグ:禁煙方法

禁煙方法 ステップ3 喫煙分析そのA


さあ、喫煙分析そのAにいきますよ。

まずメモするものを用意してください。めんどくさがらずについて来てくださいね。メモ用紙、パソコンのメモ帳の起動等、記憶できるものであればなんでもいいです。

まずあなたが、ストレスを感じる月を3つ書きだしてください。

例えば、会社員の方で経理係で3月は決算月であるから毎年3月は忙しくストレスが溜まりやすい人はまず3月と書いてください。家庭で、ボーナス月の6月と12月はその使い道をめぐって奥さんともめるのが恒例になっている人(笑)は、6月、12月、と書いてくださいね。

次に上記と同じ要領で、ストレスを感じる曜日を3つ書き出してください。

さらに、1日の喫煙のうちあなたが、一番うまいと思える時間や、場面を3つ書き出してください。

ここまでくると、勘のいい方はお気付きかもしれませんが、この分析は禁煙を始める時期を決める大事な資料となるのです。

喫煙分析そのAのポイント
自分のストレス感じる月、曜日、喫煙状況をつかんでおく。

禁煙方法 ステップ3 喫煙分析その@


ステップ3喫煙分析その@
ステップ3では喫煙者自身の喫煙分析を行います。

これをやることで自分の喫煙について冷静に知ることで、禁煙のための戦略、戦術を練ることができます。

ここまで書くと、『ち、ちょっとまって、たかがタバコをやめるぐらいで、戦略だの戦術だのあなた何を考えているの・・・?』こんな声が聞こえてきそうです。

もちろん、私新禁煙ファイターはタバコをやめてもらうことを考えています。

私はたかがタバコをやめるのに20年の歳月がかかってしまいました。

そのときの気合だけで、禁煙できれば戦略だの戦術だのはまったく必要ありません。また、ここまでおおげさに書いた禁煙セラピー禁煙サイトも少ないでしょう。

ただいろいろやることによって禁煙できる確率を少しでも上げていくことが大事です。

まず、下記の内容の質問に答えてください。イエス、ノウでカウントしてくださいね。
○気が付いたら無意識のうちにタバコをくわえていたことがある。
○吸いかけのタバコがまだあるのに次のタバコに火をつけることがよくある。
○寝タバコはよくする。
○タバコを吸いはじめて10年以上たつ。
○1日にタバコは2箱以上吸う。
○寝ていて目が覚めたとき、タバコを吸うとおちついてまた寝れる。
○タバコをやめようと何回か禁煙にチャレンジしたことがある。
○一年間に2回ぐらいは必ず風邪をひく。
○タバコがきれそうになると、落ち着かなくなる。
○自分はストレスに弱いほうだとおもう。
以上です。イエスが8個以上ある人はタバコ依存症重、4個〜7個の人は中、0個〜3個の人は軽と考えてください。あくまでも新禁煙ファイター流ですが。

ステップ3喫煙分析その@のポイント
自分のタバコ依存症度を知る。

禁煙方法 ステップ2 禁煙するなら絶対してはならない事そのA


最近禁煙するためのグッズが目につきます。

テレビコマーシャルで有名な、二コ○ットとか、新聞の広告でよくみる○○草とか、まだまだたくさんありますよね。

こういったグッズは使ってもいいのですが、たよらないでください。

えっ、どういうこと?

あなたの質問が聞こえてきそうですが、大事なポイントなのでよく聞いてくださいね。

私、新禁煙ファイターもいろいろ試してみたんです。

でもダメだったんです。

禁煙グッズ商品、それ自体の効果が疑わしいものも確かにありましたが、それよりも使い方というか、考えかたがまちがっていることにきずいたのです。

あたりまえのことなんですが、禁煙補助品なんです。

言い方を変えるなら、禁煙をするための道具なんです、ツールなんです。それを、これを使えば禁煙できるんだと思って、その商品を買ってしまうことがまちがっていたのです。

例えるなら、立派なノコギリを買ったからと言って家は立ちませんよね?、高い包丁を買ったからといっておいしい料理が出来るとはかぎりませんよね。あくまでも道具なんです。

正しく上手に使ってこそ禁煙できるんです。

私はこれで何度も失敗し、お金もずいぶん使いました。ただ、禁煙グッズ広告の中には、これさえ使えば禁煙が出来るみたいにうたってあるものも多く考えなければいけません。

ステップ2 禁煙するなら絶対してはならない事その2のポイント

@禁煙グッズだけにたよった禁煙はしないこと。

Aいろいろな禁煙対策の一つにすぎないことを知ること。



禁煙方法 ステップ2 禁煙するなら絶対してはならない事その@


ある禁煙サイトでは、禁煙する前に家族、職場、まわりの人に禁煙を宣言して自分にプレッシャーをかけ禁煙せざるえなくなるようにする。と書いてありました。

・・・絶対やめてください。

私の失敗経験をお話しますと、宣言をしたために逆に禁煙する敵を増やしてしまったのです。どういうことか説明しますと、『タバコ一本どうですか?』わざと言う人が必ずいます。

また自分にプレッシャーをかけたために、それがストレスになって、逆に吸いたくてしかたなくなりました。さらに禁煙に成功すればよかったのですが、再びタバコを吸い始め失敗があきらかになると周囲が『禁煙するっていったくせに・・・』とささやく声が・・・。

自分は意思が弱い人間だ。

自己嫌悪におちいってしまいしばらくは
禁煙にチャレンジしようという気持ちになりませんでした。

じゃあどうすればいいのか?

誰にも言わず黙って禁煙を実行してください。

もし誰かに『あれ!○○さん禁煙したんですか?』と聞かれたら、次のように答えてください。『申し訳ない禁煙するつもりはないんだ、最近体調がすぐれずちょっとの間タバコを控えているだけなんだ。』

うそも方便というでしょ。(笑)

又、友達や知ってる人と励ましあいながら禁煙するというのもやめてください。

理由は上記とまったく一緒です。友達や知人の禁煙
が逆にプレッシャーになったり、自己嫌悪におちいったりします。

ステップ2 禁煙するなら絶対してはならない事その1のポイント

@禁煙は誰にも言わずひとりで実行すること。




記事一覧禁煙方法

ステップ1禁煙はなぜむずかしいの?


ステップ2 禁煙するなら絶対してはならない事その1

ステップ2 禁煙するなら絶対してはならない事その2

ステップ3喫煙分析その1

ステップ3喫煙分析その2

ステップ4禁煙する時期を決める

ステップ5禁煙スタートその前に

禁煙のメリット 

禁煙のデメリット
ブックマーク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。